uno per uno by CARROZZERIA JAPAN
カロッツェリアジャパン直営オーリンズ専門店ウノパーウノ スタッフブログ
<< NC700ユーザー必見!サスペンション講習会 | main | 特注製作品 Part-1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | author : スポンサードリンク
ステアリングダンパーオーバーホール
ステアリングダンパーのオーバーホールをご紹介します。
オーリンズのステアリングダンパーはMotoGPマシンで使用されるものと
「ほぼ同じ」といっても過言ではないくらい同一構造をもつ、ワークス直系パーツです。
シンプルな構造と安定したステアリングフィールを発揮し、多くの方からご好評頂いているステアリングダンパーの代名詞的存在です。
しかし、ダンパーである以上はその効果を維持にオーバーホールが必要不可欠です。

今回は、群馬県館林市在住N様の愛車Ducati 999Sにご使用されているステアリングダンパーのオーバーホール作業を行います。このステアリングダンパーはOEM装着されているものです。OEMのステアリングダンパーでもオーリンズであれば、オーバーホールが可能です。


OEM装着品はもちろんですが、アフターパーツのステアリングダンパーも
車種ごとの専用設計となっており、それぞれボディクランプやブラケットなどが異なります。

では、さっそく作業です。
まずリアショック同様分解作業から始まりますが、写真のとおり、部品点数は数えるほどしかありません。実にシンプルな構造です。


右が今回のダンパーから抜き取ったオイルです。
ステアリングダンパーもこのようにオイルが劣化し、オーナーであっても分からないほど緩やかではありますが、日々確実に性能が低下していきます。


分解したパーツを1点ずつ隅々まで洗浄します。


今回はオイルがだいぶ汚れており、スムーズな摺動の要でもあるピストンリングに傷みが見受けられたので部品交換となりました。


今回交換したパーツです。
ちなみに一番右はオイルの熱膨張による体積変化を吸収するスポンジです。
外観からは分かりませんが、ステアリングダンパーの内部にはショックアブソーバーでいうところの「リザーバータンク」も備わっています。


洗浄と部品交換を終えて、組み付けの作業を行います。


スムーズなステアリングフィールの大敵、エア噛みの無いように充填機でオイル注入とエア抜きを行います。


これでオーバーホール完了、完成です。


いかがだったでしょうか?
ステアリングダンパーは操安に関わる大切なパーツです。
リアショックやフロントフォーク同様に定期的なメンテナンスを心がけてください。
| 2輪 | 17:30 | comments(2) | trackbacks(0) | author : unoperuno
スポンサーサイト
| - | 17:30 | - | - | author : スポンサードリンク
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/10/25 10:08 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/12/06 11:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unoperuno.jugem.jp/trackback/260
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

©All Rights Reserved by CARROZZERIA JAPAN Co.,Ltd