uno per uno by CARROZZERIA JAPAN
カロッツェリアジャパン直営オーリンズ専門店ウノパーウノ スタッフブログ
<< 6/29はサスペンションセッティング講習会です | main | オーバーホール作業のご紹介 >>
HONDA VTR用リアショック特注製作
ウノパーウノでは用途に合わせた特注製作も行っています。
お客様の主な用途や必要な機能、予算などから最適なモディファイベースとなるショックアブソーバーをセレクトして、車両に取り付けられるように仕様変更・加工を施していきます。

今回は東京都東村山市にお住まいのO様からのご依頼で、HONDA VTR用のリアショックを特注製作いたしました。使用目的はジムカーナ競技とのことです。


オーリンズではHO944が減衰力調整機構のないTypeS36Dで設定されていますが、競技用として減衰力調整と車高調整がどうしても必要ということで、フルアジャスタブルのTypeS46HR1C1Lで製作することとなりました。

上下の取り付け部分とリザーバータンクをつなぐホース角度などのフィッティング、内部の減衰特性などを車両、ジムカーナ競技仕様に変更しました。

こちらがこれまで使用されていた純正ショック。

スプリングはシングルレートのようですが、これといった調整機構はなく、その都度コースが違うジムカーナでタイムを詰めるにはちょっと力不足かもしれません。


純正ショックを外して


今回製作した特注ショックを取り付けます。
VTRはショックがよく見えるので、オーリンズのイエロースプリングが映えますね。


ホース式リザーバータンク上のコンプレッションアジャスターはもちろん、
リバウンドアジャスターへのアクセスもバッチリです。これでコースにあわせて
いつでもすぐにセッティングができますね。


完成です!


オーリンズへ換装したことでスプリングのレート変更などセッティングの幅は無限大に広がります。ウノパーウノなら内部仕様の変更なども迅速に対応できますので、その際にはまたご相談ください!
| 2輪 | 11:29 | comments(2) | trackbacks(0) | author : unoperuno
コメント
同じくVTR250にジムカーナ用途でオーリンズ導入を検討しています。
できればTTXを入れたいのですがモディファイは可能でしょうか?
| 中村 | 2014/01/17 2:10 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/12/01 10:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unoperuno.jugem.jp/trackback/251
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE

©All Rights Reserved by CARROZZERIA JAPAN Co.,Ltd