uno per uno by CARROZZERIA JAPAN
カロッツェリアジャパン直営オーリンズ専門店ウノパーウノ スタッフブログ
<< BNR32&BCNR33 | main | KAWASAKI Z2用リアショックKA204のオーバーホール作業紹介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | author : スポンサードリンク
YAMAHA YZF-R1('04)用リアショック オーバーホール
長崎県在住のT様のご依頼でオーバーホールの紹介です。

ショックユニットは中古品をご購入されたそうです。
使用前のリフレッシュのため、今回オーバーホールのご依頼をいただきました。
またこのブログに作業内容の掲載もご要望いただきましたので、今回ご紹介させていただきます。

入庫時、外観の状態は一見なかなか良さそうではあります。


まずはショックユニットをすべて分解して部品1点1点の状態を確認します。


ここで、外観からは分からない傷みのある箇所が出てきます。
外観からはわかりませんでしたが、シャフトに相当なキズがありました。
シャフトについたキズは研磨で落とせるぐらいの浅いものであれば良かったのですが、
1箇所だけ縦キズが残り、このまま再使用した場合、いつオイル漏れを起こしても不思議ではない状態となります。よって、今回はシャフトを交換とさせていただきました。


各部品の点検が済んだところで洗浄を行います。



T様のご依頼にもありましたリバウンドのアジャスターノブを交換します。
アジャスターに経年劣化と思われる割れが発生していたので、トラブルを未然に防ぐためにも
この機会に交換です。



こちらが今回交換したパーツです。お手元に届きましたら黄色くマーキングしてある部分をご確認ください。



向かって左が入ってたオイルです。色から判断すると、おそらく約20,000Km以上使用されているかと思われます。右は未使用のショックオイルです。




洗浄が完了ところで、シール類など性能回復に必要な部品と一緒に、この全バラ状態のショックを組み上げていきます。


まず、ショック本体の組み付けを行います。
ここまでくると、細かく分解されていたショックもだいぶ元の姿を取り戻してきます。


オイルとガスの充填。



ガスとオイルの注入が終わるとダンパー自体の作業はこれで完了です。
あとはスプリングとプリロードアジャスターを組みつけていきます。


ピロボールのシールも交換して隅々までリフレッシュ。
これでオーバーホール作業完了、機能も100パーセント回復しました。
これで気持ちよく使用していただけるとおもいます。


今回、消耗品の交換以外にシャフトとリバウンドアジャスターノブ、ピロボールのシールを
交換させていただきました。

ショックアブソーバーには外観上からは判断できないキズやプロが見ないと分からない傷みなどが発生している場合があります。

リフレッシュされたショックで
これからも快適なモーターサイクルライフを楽しんでください。




| 2輪 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | author : unoperuno
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - | author : スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unoperuno.jugem.jp/trackback/245
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

©All Rights Reserved by CARROZZERIA JAPAN Co.,Ltd